長野日仏協会は、「日本とフランス、ならびにフランス語圏諸国の人々との交流を通して、相互のより一層の理解を深める」ことを目的としています。
長野日仏協会

フランス語サロン

指導 Dominique GRANDEMENGE 先生

 

初級 月3回 金曜日 10時30分~12時 ふれあい福祉センター他

幅広い年齢層で、個性豊かなメンバーが揃っています。
テキストは新しく「Le Nouveau Taxi1」になりました。基礎を固めることに重点を置いていますので、もう一度やり直したいという方にも最適です。また新年度に向けて新たにフランス語を学びたいという方も、是非お問い合わせください。

 

上級 月3回 月曜日 13時30分~15時 ふれあい福祉センター

「Le Monde」などのニュース記事を読み、内容を検討してから、そのテーマについて自分の意見を述べ合う授業です。日本では報道されないようなニュースが読めるので、毎回興味深く学習しています。
たとえば・・・

「La Légion d'honneur en 5 questions」

昨年ノーベル賞を受賞されたエコノミストThomas Pikettyは、フランス政府から贈られる予定だったレジオンドヌール勲章を拒否した。しかしこれは前代未聞のことではなく、過去には何人もの例があり逆に剥奪された例もある。ナポレオンが制定し200年の歴史があるレジオンドヌールは日本でも有名な勲章のひとつだが、受賞の知らせを受けた人が賞状の発送料やメダイ製造料を支払うという、あまり知られていない事実もある。


「"Lettre à ma fille, au lendemain du 11 janvier 2015" par JMG Le Clézio」

世界中を震撼させたパリのテロ。ノーベル賞作家のLe Clézioが、パリの歴史的大規模デモに参加した娘にあてた手紙が掲載された。
3人のテロリストたちはフランスで生まれ育ったフランス人なのに、いつの間にか社会からはじき出されてしまった。君たちには、差別のない誰にでも開かれた未来がある社会を作ってほしいとフランスの若者達に訴えている。

 


見学はいつでも自由です。興味のある方はお問い合わせください。
問い合わせ先(両クラスともに) 杉浦真理子 e-mail sugibonjour@ybb.ne.jp