長野日仏協会は、「日本とフランス、ならびにフランス語圏諸国の人々との交流を通して、相互のより一層の理解を深める」ことを目的としています。
長野日仏協会

フランス語サロン

指導 Dominique GRANDEMENGE 先生


初級 月3回 金曜日 10時30分~12時 ふれあい福祉センター他

幅広い年齢層で、個性豊かなメンバーが揃っています。
テキストは引き続き「Café Crème 1」を使用し、基礎を固めることに重点を置いています。基本を繰り返し学習していますので、もう一度やり直したいという方にも最適です。


上級 月3回 月曜日 13時30分~15時 ふれあい福祉センター

「Le Monde」などのニュース記事を読み、内容を検討してから、そのテーマについて自分の意見を述べ合う授業です。テーマも多岐にわたり興味深いものばかりです。
今回はその中から2つご紹介しましょう。

「Philippe, nouveau souverain d'une Belgique en crise d'identite」
7月21日、ベルギーに新国王が誕生した。
フリップ国王53歳。父親のアルベール王の退位に伴っての即位である。
ベルギーは、北部フラマン語圏のフランドルと南部フランス語圏のワロンが分裂の危機にある。この大事な時に即位したフリップ新王は、メディア嫌いで内気な性格といわれ、その王としての資質が問われている。
唯一この国王の有力な手助けとなるのは、エレガントなマチルド王妃だけ、という皮肉なコメントもある。

「Le casse-tete de Malte」
地中海に浮かぶ小さな島マルタ(2004年にEU加盟)に、近年アフリカからの難民が数多く居住するようになった。しかし難民施設はすでに満員状態で、さらに様々問題が立ちはだかっている。
マルタ共和国政府は「これはEU全体の問題として取り組んで欲しい」と訴え続けていた。今まで見て見ぬふりをしていたEU本部だが、今後は何らかの措置をとらざるを得ないだろう。


初級、上級ともに見学はいつでもOKです!興味のある方、是非ご連絡ください。


問い合わせ先(両クラスともに) 杉浦真理子
e-mail sugibonjour@ybb.ne.jp