長野日仏協会は、「日本とフランス、ならびにフランス語圏諸国の人々との交流を通して、相互のより一層の理解を深める」ことを目的としています。
長野日仏協会

フランス語サロン

指導 Dominique GRANDEMENGE 先生

 

初級 月3回 金曜日 10時30分~12時 ふれあい福祉センター他

幅広い年齢層で、個性豊かなメンバーが揃っています。
テキストは引き続き「Café Crème 1」を使用し、基礎を固めることに重点を置いています。基本を繰り返し学習していますので、もう一度やり直したいという方にも最適です。

上級 月3回 月曜日 13時30分~15時 ふれあい福祉センター

「Le Monde」などのニュース記事を読み、内容を検討してから、そのテーマについて自分の意見を述べ合う授業です。テーマも多岐にわたり興味深いものばかりです。
今回はその中から3つご紹介しましょう。

「Vél d'Hiv; On était entourés de policiers tels des criminels」
1942年7月16日の早朝、ナチス占領下のパリでユダヤ人が一斉検挙されたVél d'Hiv事件から70年。女性子供を含めた1万3000人が、劣悪な環境の中で冬期競輪場(Vélodrome d'Hiver 略してVél d'Hiv)に軟禁されました。そしてその多くはアウシュビッツに連行されたのです。検挙したのは、ドイツ軍ではなく、ヴィシー政権下のフランス警察でした。
第二次世界大戦後も長らくタブーとされていたこの事件ですが、(正式に謝罪したのはシラク大統領)70年たってようやく当事者たちが語り始めました。
*この事件をテーマにした映画がDVDで鑑賞できます。
「サラの鍵」Elle s'appelait Sarah
「黄色い星の子供たち」Rafle

「Les Pussy Riot condamnées à deux ans de camp pour "vandalisme"」
ロシア正教会でプーチン大統領への批判を歌ったロック歌手グループの女性3人が、その"蛮行"により2年間の収容所行きの実刑判決を言い渡されました。ポール・マッカートニーやマドンナといった有名ミュージシャンたちが反対運動を起こしています。
反ヨーロッパ主義を掲げ、反体制意見を抑圧し、市民ストライキにも厳しい規制をかける元KGB大佐のプーチン大統領。クレムリンはこれからどこに向かっていくのでしょうか?

「La bell de Vannes s'eveille enfin」
フランス、ブルターニュ地方のモルビアン県の中心Vannesこの地方都市は、小さな湾に囲まれているというその特異な地形により、長い間寄港都市にもならず、また第二次世界大戦時にもドイツ軍の基地からはずされました。
ゆえに16世紀からの街並みがそっくり残る静かな都市でした。
この「眠れる美女」を目覚めさせた「王子」は、1980年代に開通したTGVです。以来多くの観光客が訪れ、最近ではnéorurauxと呼ばれる新たな住民たちによって活気づいています。
地元の人が「世界で一番美しい」というモルビアン湾。数々のおとぎ話に彩られる神秘の地。美味しい海の幸やクレープ、ガレットを食べながら、ゆっくりと散策してみたいものですね。

初級、上級ともに見学は大歓迎です。興味のある方は下記までお問い合わせください。


問い合わせ先(両クラスともに) 杉浦真理子
e-mail sugibonjour@ybb.ne.jp