長野日仏協会は、「日本とフランス、ならびにフランス語圏諸国の人々との交流を通して、相互のより一層の理解を深める」ことを目的としています。
長野日仏協会

フランス語会話サロン 2020年12月報告

SALON DE CONVERSATION EN FRANÇAIS A NAGANO
フランス語会話サロン

Géraldineさん中心に行われる会話サロンでは、参加者とフランス人ゲストが自由に楽しくフランス語でお喋りをしています。開催日と場所はメールでお知らせしていますので、どなたでもお気軽にご参加ください。10月~11月の内容は下記のとおりです。

 

11 octobre 2020 :
Keiko Mange et sa fille Mei nous ont rejoints pour ce salon bien animé.
Mei est revenue au Japon après quelques années en France, dans la Drôme.
Youn nous a parlé de la Bretagne, des écoles « Diwan » et des coutumes et danses bretonnes.
On se tient par le petit doigt pour danser !

salon2020_12_1.jpg


11 novembre 2020 :
Nous avons eu une discussion animée à propos des élections présidentielles américaines, ainsi que de la délinquance de plus en plus violente et du vandalisme dans toute la France.
Patrick nous a aussi fait part de ses expériences agricoles, en particulier la culture du « gobo ».

 

フランス語会話サロンに寄せて
萩原 泉

「Bonjour. Ça va?」参加者の挨拶から和気藹々と始まるサロン。私が初めて参加させていただいたのは、かれこれ7、8年前になるでしょうか。当時は大門の「れんが館」というカフェで行われており、アンティークでシックな雰囲気に「フランス語のサロンはさすがにしゃれている。」と感心したのを覚えています。また、Géraldineを始め、皆さん気さくでtrès sympathique! 以来、私もすっかり常連メンバーとなり今に至っています。
この間、多くのフランコフォンの方々が、入れ代わり立ち代わりサロンに参加され、それぞれの国の状況、日本への思い、食や習慣、フランス語の言葉についてなど、その話題は多岐に渡り飽きることはありませんでした。お茶を飲みながら(ここが大事)、フランス語(日本語も勿論ありです)で語り合うのは、とても楽しいひとときで、まさに国際交流の場ともいえます。
今は権堂アーケードの中にあるカフェ「マルクニ」に場を移し、そして、このコロナ禍の状況で、何とフランコフォンの方と日本人参加者の人数が同数という情況になっています!世界情勢の変化の波が長野にも押し寄せている感があります。長年パリに暮らしていたPatrickから聞くパリの事態、ブルターニュ出身のYounのケルト由来の名前の意味。ベルギー人のLucから聞くベルギーという国の多様性。TVやネットのニュース、或いは書物から得る情報を超えた生の声に驚き、感心し、圧倒される魅力的な時間。サロンは進化しています。男性の比率も高くなっていますので、興味のある方は是非ご参加下さい。

salon2020_12_2.jpg

 

  • 開催日   月1回水曜日 16時30分から18時
  • 場所    権堂「マルクニ」
  • 会費    飲み物代込み 1000円
  • 出席のお問い合わせは、杉浦sugibonjour@ybb.ne.jpまでご連絡ください。