長野日仏協会は、「日本とフランス、ならびにフランス語圏諸国の人々との交流を通して、相互のより一層の理解を深める」ことを目的としています。
長野日仏協会

新年会 [2013.01.20]

新年会に参加して A votre santé 矢島真理子


 シャンパンで新年を祝い、新年会が始まった。1月20日・日曜日、外気はピリッと冷たかったが「シェ・マサ」はふんわりと温かい。出席者11名のため、立食ではなくテーブルに落ち着くことになった。

 マグロとミニトマトの前菜に始まり、ブリのコンフィ、牛肉のとろとろ煮、デザートのクレーム・ダンジュまで、それぞれが春の陽光を思わせる料理だった。外食機会の少ない専業主婦の私にとっては、まさに夢のひととき。美しい盛り付けに思わず笑みがこぼれ、美味しいお料理に舌鼓をうった。お料理ごとのワインに会話も弾み、パリの「フルール・ド・クール」からのプレゼント抽選でさらに盛り上がった。

 3年前の転勤を機に長野日仏協会員になり、長野市のイベントには何度か顔を出させていただいている。フランスに憧れを持つだけで、30年以上訪れたこともなく、文法の欠片だけが頭に浮かび、フランス語を話すこともままならない。そんな私がフランスを愛する人々と出会い、刺激を受ける楽しい社交場が日仏協会のイベントである。色んな方とのお喋りが外の世界へ私を駆り立てるのだ。いつかフランスへ!

006.jpg